春夏に向けて・・・

 日に日に暖かくなり桜も満開になってきました。

 今年の冬も、昨年と同様に鍋土(直火対応の土)を使った作品を作りました。
 
 春になり夏へと陽気な季節になると、器を製作して釉薬の種類を選ぶときなど何となく明るい色を選んでしまう様な気がします。

 今回は、素焼きが出来上がっていた数枚のお皿に釉薬をかけました。
 「青銅」と「白萩」です。「白萩」は、ちょくちょく使っているのですが・・・「青銅」の釉薬をかけるのは本当に久し振りです。
 エメラルドグリーンの様な色で、マット感のあるタイプの釉薬です。
 そして、今回は更に、これまた久し振りですが、ガラスの破片をお皿の上に置き、一緒に本焼きすると器にガラスが溶けて固まったガラスの模様??(説明が難しい・・・)みたいなものが出来上がるという事をしました。
 何となく、春っぽい感じの器が出来そうな感じがしません???(^^♪

ガラス1

ガラス2

色の違うガラスを入れると、溶けて混じり合って素敵なガラス質になる予定

素敵なお皿が出来ますように・・・・・。

人気ブログランキングへ
ドキドキしながらランキングに参加!クリックありがとうございます!

スポンサーサイト

コメント

あーざーす!

早速の更新ありがとう!
道明寺に向けてアクセル全開やん!

私は24日まで行けません(涙)

No title

更新をしてなくて、スンマセンです。
毎週受講している私は、松子さんより記事ネタがあるはずなのにね~(>_<)

溶けて

なんとなく理解できたような
ガラスが溶け合い
綺麗なコラボカラーに
思惑通りか、完成品を楽しみに

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)